50代の初めてバレエ 中年バレリーナ今日も迷走中

50代で憧れのバレエの世界に飛び込みました。 自分のバレエ探しの迷走をホンネで語ります

言われることは同じ

ミズホ先生のわかりやすい指導は、とてもありがたいのですが…

 

言われていることは、これまで習った先生の指導と同じなんですね~

 

癖というか、ここができないというのは変わらないので、

当たり前と言えば当たり前

 

f:id:TUKUMI0422:20210127000702j:plain

 

腕が下がっている

プリエで上体が沈む、お尻が出る

タンジュの出す位置が違う

背中反り過ぎ…

 

などなど

 

ただ、その表現が異なるだけ

 

その表現で一番わかりやすいのが、ミズホ先生なのかもしれません

 

ミニー先生の

肋骨閉じて、鎖骨開いて

は、体をどうコントロールしてよいかいつもわかりませんでした

 

コユキ先生の

骨盤に流す

も?でした

 

猫背を気にして背中丸めないようにすると、背中反り過ぎる

その結果、腹筋抜けて、肋骨開いてということは理解しているんですが、

どこに意識をもってくるのが一番いいのか、ということでやるようにしています

 

カマ足になってしまう癖

 

これは、意識だけではできないのでは?

と思っていました

 

特にルティレになった時、カマ足になりやすいのですが、これはつま先を膝に付けるモノという勘違いもあるのですが、

足首周辺が硬く、その角度にならない、足裏が弱い

というところに根本原因があります

 

ミニー先生は、カマ足ー!というだけでしたが、ミズホ先生はならないための鍛え方など教えてくれます

 

先日、吉田都さんが芸術監督として指導するドキュメンタリーを観たのですが、

 

バレエの動きではなく、人の動きに戻ろうとする

 

というのを聞いて、

 

プロでもそうなんだー

そうだよなー、そもそもバレエのまずターンアウトという不自然な動きを身に付け、

骨盤を動かさないようにする、

それって意識だけでは(特にオバチャンには)体に覚えさせるのは厳しいよなー

 

と自分にちょっぴり言い訳してみたりしました

 

ま、言い訳しても、それができなきゃ始まらないので、

やっぱり、ターンアウト、カマ足、背中、腕を地道に直して行くしかない

 

これは、先生を変えようが永遠テーマ

 

ということで、さらに自宅エクササイズも見直して、また整体のトレーナーの

指導も受けなおす

 

新たな気分でのやり直しということになっていきます

 

f:id:TUKUMI0422:20200830214223j:plain